topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式会社ダイナー本舗 薬用ダイナークリーム - 2017.02.04 Sat



優勝カップ型の化粧品のビンといえば、これですよね!
株式会社ダイナー本舗の薬用ダイナークリームです。

日本のビンや化粧品のコレクターであるなら、一度は見たことがあると思います。
印象に残る奇抜なデザイン、人気がありますよね。
知名度の高さの割に、詳細が不明な化粧品の1つと言えるのではないでしょうか。

これは調べたら面白いぞ!と本腰入れて調べ始めたのが、確か去年の6月頃のこと。
ネットでは全く情報無し、東京大学画像アーカイブスはリンク切れを起こしたままですし、
化粧品商報から地道に情報を収集していきました。
その途中、色々寄り道をしてしまった為に暫くダイナーのことは放置。
しかし最近、久々に資料に目を通してみると結構書けることがあることに気付きました!
という訳で、興味のある方はお付き合いください。





箱の高さは約8cm、ビンの高さは蓋のツマミを入れて約7.5cmです。

追記:これはガラスの色が完全な黒ですが、取手に丸い穴のある初期型ビンに関しては
濃いコバルトブルーであるという情報があります。(初期型ビンの詳細は後述)
ダイナーはガラスの色に関しても年代の判断材料になるかもしれません。



底にはっきり「ダイナー」とエンボスがあります!



写真は色褪せ気味ですが…箱は鮮やかな橙色にブルーの帯がデザインされています。



内蓋には徳用瓶が載っています。
徳用瓶は流石に優勝カップ型ではないようです(笑)
「約三ヶ月以上の使用量」とあります。



箱の底を見てみると、95銭という価格とマル公マークが記載されています。
箱やビンのデザイン、価格から、これは1940年8月14日月以降に発売された
製品なのではと推測できます。(デザイン、価格の変遷は後述します)



説明書があるので読んでみました。
リパーゼとトリプターゼが配合されていることをウリにしているようです。
脂肪分解作用を持つリパーゼは脂性ニキビに、メラニンを分解する作用のある
トリプターゼは色黒に効く、と謳われています。
調べてみたところ、リパーゼは確かに脂肪分解作用があるようですが、
トリプターゼは、光老化を促進する悪者というのが現在の一般的な解釈のようです。
本当にトリプターゼが入っていたとしたら……当時の愛用者の肌がちょっと心配!



成分表?のようなものもありました。
こうやって表にされると、なんだかよく分からないけど化学的でかっこいい!
効きそう!と思ってしまいますね(笑)


ダイナー本舗は、1935年7月27日、京橋区築地で飯島歳雄氏により設立されました。
そして1935年11月1日に、ニキビ、ソバカス、美白、若返りに効果のある
薬用ダイナークリームを80銭で発売、派手な宣伝のかいもあり好調なスタートを切ります。

創立者の飯島歳雄氏は1889年長野県飯田町生まれ。
ダイナー創立前はアモンパパヤの支配人を務めていた人物です。
業界で鍛えた経営手腕で順調に業績を挙げ、1935年12月23日には事務所を移転、
店舗を拡大しました。更にその2日後の25日には組織を株式会社とし、
名称を「株式会社ダイナー美粧料本舗」と改め、社長には小田美穂氏が就任します。
飯島氏が社長になると思いきや?違うんですね〜。
ここでいきなり登場する小田美穂氏ですが、元々この人物は医学博士で、
ダイナーを研究開発したご本人です。
小田氏が社長なら、飯島氏は?と思ったら、支配人になっています。
アモンパパヤの時も支配人ですから、この人物は支配人という役職が好きなようです。
社長と支配人って、どちらの権限が強いんでしょうか?
力関係がいまいち分かりませんが、広告に出てくるのは小田氏の名前ばかりですので、
外面的には小田氏の影響力のほうが強そうです。
飯田氏はあくまでマネージャーのような存在だったのかもしれません。

1936年4月1日には1円50銭の「薬用ダイナークリーム徳用瓶」、
1937年3月18日には3円の「ダイナー麗美」(なんとラジウム入りクリーム!)、
1938年1月には50銭の「ダイナーミックス」(これまたラジウム入りの化粧水!)と、
毎年のように新製品を発表していきます。
戦争の影が色濃くなると、原料の高騰を理由にした値上げが2回ありますが、
趣向を凝らした広告からは会社の活気が見てとれます。1942年には、
ダイナーミックスの製造のため、工場を増設するという記事も見受けられますので、
概ね良好な経営状態だったのではないでしょうか。
1943年〜1945年3月の商報は公開されておらず(3月10日以降は東京大空襲により休刊)
この間の動向を知ることはできません。
ただし、1943年1月発行の化粧品年鑑は閲覧できるのでチェックしてみると、
ダイナーの広告が確認できます。

戦後のダイナーは、工場が焼け残ったため、早々と営業を再開しました。
1945年11月15日に復刊した日本粧業(1944年に商報の名称変更)では、
化粧品会社の空襲被害や人物の安否を報じていますが、ダイナーについて
「小田美穂氏は私邸も工場も無事」「倉庫が助かったのだから鬼に金棒である」
「香料を焼かれなかったのは何よりの強味」と楽観的に評価しています。
戦後すぐの日本粧業でダイナーは盛んに広告を出しているので、
戦争によるダメージは少なかったのは確かなようです。
この頃のダイナーの広告を見ると、ダイナークリーム、ダイナーミックス、
ダイナー麗美など看板商品はもちろん、香油や口紅まで取り扱っています。
物資不足で作れば売れる時代、勢いに乗って新製品を次々作り出したのでしょうか。
戦前の広告には見られなかったダイナーミートという乳液も広告に載っています。

1947年11月、ダイナーの医薬品化粧品の販売会社として「ダイナー商事株式会社」
が設立されます。小会社みたいなもの?
1948年1月には新製品ダイナー・パイル(ポマード)を発売。
この頃から、ダイナー麗美がダイナークリームを超える人気商品となり、
広告でもダイナー麗美の文字を多く見るようになります。
その年の12月、ダイナーは突然、会社を「発展的に解消」し、
新たに「大南興業株式会社」を設立しました。
化粧品事業はそのまま引き継ぐものの、経営体制は一新されたようです。
「社長である小田美穂氏の独裁から合理的体制に転換」とあり、常務取締役、取締役、
営業部長などという役職が新たに追加されています。
大南興業株式会社に組織変更後は、ダイナークリームを新製品として
宣伝する広告が見受けられますが、1949年4月の広告を最後に情報は途絶えました。
業績が悪かったようには見受けられないので、業界を鞍替えしたのかな?
なんて思いますが、本当のところは分かりません。

ところで、ダイナーという独特な商品名については結局何も分かりませんでしたが、
もしかして「ダイナー=大南(だいなん)」なんでしょうか?
まぁ、例えそうだとしても、何故「大南」なのかは謎のままなのですが……(笑)


ここからはビンの変遷を辿っていきます。



発売当初、1935年11月の広告に載っている写真です。足が長いですね!
取手部分に丸い穴が空いていて、蓋の縁には花柄の装飾(シール?)、ツマミは丸いです。
更に箱には化学式ではなく五線譜がデザインされており、私の持つものとは明らかに違います。
このタイプではガラスが濃いコバルトブルーをしているとの情報もあり、
それも初期型の特徴かもしれません。
この時のほうがハッピーなデザインですね〜実物が見てみたいです。



1937年7月の広告に載っているイラストです。
これが実際のデザインに忠実に描かれているとすれば、かなり私の持つものに似ています。
ただし、広告に記載された価格は80銭なので、時期が違います。



1938年7月の広告に載っている外箱の写真です。
この箱の形状から察するに、中にあるのはごく一般的な形のクリームビンだと思われます。
当時、優勝カップ型とクリームビン型の二種類があったということが分かります。



1940年11月の広告に載っている写真です。
表記されている価格は95銭です。
初期型に比べ、ポッテリとしていて私が持っているものと殆ど変わりないように見えます。
価格が90銭から95銭に改訂された1940年8月14日以降に発売された物なのは
間違いないと思われます。(80銭から90銭に値上げされたのは1938年4月1日)
初期に比べてこれだけ形が変わると、容量も変わっているのでは?と思うのが
当然ですが、ダイナークリームの広告や記事には容量の表記が一切無く、
その疑問を確かめる術はありませんでした。



1943年1月の化粧品年鑑の広告に載っている写真です。
一般的なクリームビン型ですね。
優勝カップ型がこの頃にも製造されていたかどうかは分かりません。
ビンの規格単純化が進められた時代なので、このデザインに一本化した可能性は大いにあります。
時代の空気の中で、あの独特なビン型を保ち続けるというのは現実的に難しい気がします。

情報の整理のため、年表にします。

1935年7月27日 飯島歳雄氏がダイナーを設立
1935年11月1日 薬用ダイナークリーム(定価80銭)を発売
1935年12月25日 株式会社ダイナー美粧料本舗を組織する(社長:小田美穂)
1936年4月1日 薬用ダイナークリーム徳用瓶(定価1円50銭)を発売
1937年3月18日 ダイナー麗美(定価3円)を発売
1938年1月?日 ダイナーミックス(定価50銭)を発売
1938年4月1日 ダイナークリームが80銭から90銭に値上げ
1940年8月14日 ダイナークリームが90銭から95銭に値上げ
1945年3月10日 東京大空襲。罹災は免れる。
1945年11月?日 香油と口紅を発売?(詳細不明)
1947年11月?日 ダイナー商事株式会社が設立
1948年1月?日 ダイナー・パイル(定価60円)を発売
1948年11月?日 組織変更し大南興業株式会社を設立
1949年1月?日 ダイナークリームを新製品として発売?(詳細不明)

大体の年代の特定が出来る程度には調べがついたので嬉しいのですが、
戦後のダイナークリームがどんな形のビンだったのか?
大南興業株式会社がその後どうなったのか?
気になる事はまだまだ沢山です。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

ダイナークリーム

御無沙汰しております。
ダイナークリームの事をここまで調査された人は過去にいたでしょうか?
研究報告書の様な内容にびっくりです。
初期型は取ってに穴空きとは!面白いですね。
当方も小間物化粧品図鑑(昭和11年~17年)の広告覧を
確認しましたが昭和17年版(1月25日発行)に載っているだけでした。
価格は内地:壱圓十三銭、朝鮮:壱圓十八銭となってます。
別件ですが白ガラス(乳白)に黒色キャプの瓶も販売されていた様で
骨董ファン15Vol「化粧の美学」23ページに載ってます。
「一年中手放せぬ効め本位の薬用クリーム」の独特の凝った形状に
あっぱれです!

Re: ダイナークリーム

へんぺい足さん、ご無沙汰してます!
ダイナーは苦労するかなぁと思っていましたが、
いざ調べてみると情報が多くて楽しかったです。
まとめがいがありました。
取っ手に穴空きは面白いですよね!
果たして何のために?紐を通して首から下げる……
ワケないしなぁ~!
それから、価格の情報ありがとうございます。
昭和17年には一円を超えてるんですね!
追記しとこうと思います。
骨董ファンのその号は自宅にあるので早速チェックしました。
さり気無く載っていたので、これまで全然気付きませんでした(笑)
これに気付くへんぺい足さんが素晴らしいです。
それにしても、蓋が黒で本体が白とは……謎ですね!
そういえば、名前も謎なんですけど、ビンの形もどうして
優勝カップ型にしたのか結局分からず仕舞いです。
また分かった事があれば、少しずつ追記していこうと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kuronekochuck.blog.fc2.com/tb.php/93-45829ca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リバストン化学 香水ビン色々 «  | BLOG TOP |  » 久しぶりなのでコツコツ集めてきた香水ビンをまとめて見せようと思う。

プロフィール

黒猫チャック

Author:黒猫チャック
香水瓶収集からはじまり、日本の化粧品デザインに辿り着きました。特にビンが大好き!ラベルが残ってたら最高です。
インスタグラム始めました。
ID:KURONEKO0118

アナログ時計(黒)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
化粧水ビン (17)
香水ビン (29)
白粉ビン (11)
本 (2)
クリームビン (7)
白粉紙箱 (2)
生理用品 (1)
その他 (12)
香油ビン (1)
インクビン (1)
薬ビン (5)
白髪染めビン (1)
缶 (2)
ポマードビン (1)
玩具 (1)
乳液ビン (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。