topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルツ水あれこれ - 2015.12.20 Sun

Bälz-1

随分とご無沙汰してしまいました!

またベルツ水です。
mukashi_noさまのコメントを受けて、ベルツ水が気になってきてしまいました。
(すぐ人に影響される人間です 笑)
それで、手持ちのベルツ水を探してみたところ、二本ありました。
それに加えて、先日あんてぃかーゆさんで見せてもらって、
そのまま連れ帰って来てしまったビンを合わせると、合計三本です。
どれも情報が少ないので、それほど言及できることはありません。
でも、ちょっとした面白い発見もあったので、今回はベルツ水を取り上げます。

Bälz-5

私の持っている物の中で一番大きなベルツ水です。
全長12cm、横幅は5.3cmほどです。
蓋はありませんが、口の形状を見る限り、コルク栓がはまっていたのだろうと思います。
地味に見えるかもしれませんが、ビンのデザインは結構凝っていますよ!
上から見ると楕円形で、両端の部分に半円形がくっついた感じです。(写真撮り忘れた…)
そしてビンの下部と肩の部分に細かいストライプのエンボスが入っています。

Bälz-6

控えめなサイズのラベルは「竹っぽいデザインだなあ〜」と思っていましたが、
よくよく見ると違うような……でも、とっても和を感じさせるデザインです。
そのラベルには「高級ベルツ水」との記述があります。
自分で「高級」と言っちゃうあたりが何とも言えませんね!
でも「最高級」じゃないだけ、謙虚と言えるかもしれません(笑)

Bälz-7

背面にも辛うじてラベルが残っています。
発売元の名称でしょうか、「アキラ化粧料」と読むことができます。
住所は「日本●(←破れて読めない)區堀留町一ノ一〇」、
それから「責任者……吉田正次」の文字も読めます。
一部文字が読めませんが「日本●區」は「日本橋区」のことだと思われます。
日本橋区は、1878年から1947年まで東京に存在した区でした。
文字が右から左なのと、コルク栓が使用されていたこと、
ビンもラベルも綺麗なこと、ベルツ水の発明が1883年であることを考慮すると、
1883年から1940年ぐらいの物かと思います。

Bälz-8

お次はこちら。
これは一度写真を載せたことがあると思います。
びん博士との出会いの切っ掛けになったビンです。(その時の記事はコチラ
今では図鑑作成のお手伝いのため、週一でお会いしておりますが、
本当に仲良くさせて頂いています。
一年前には、まさかこんな展開になるなんて夢にも思わず……
このビンにも感謝、感謝です!

えーと、話が逸れました。
ビンの全長は、前回取り上げた美顔水とほぼ変わらず10cm、横幅は4.5cmほどです。
中の汚れが酷かったので撮影前にちょっと洗いました。
取りきれなかった汚れは、また次の機会に……。
(前にも書きましたが、ラベル付きのビンを洗うのは骨が折れますし、神経使います。
水にちょっと濡れるくらいなら大丈夫、というのは分かってきましたので、
最初に比べて大分大雑把にはなりましたが、それでもラベルが水に濡れる度に
寿命が縮んでいるような気がします 笑)
ビンの形はそれほど珍しくありませんが、他のベルツ水と比べてラベルは個性派ですね!
花の意匠が華やかで女性的です。「SKIN LOTION ベルツ水」とあります。
ベルツ水は医薬品ですが、化粧品として販売されていたのかも?
口に嵌まっていたと思われるコルク栓は、小さくなって中に落ち込んでいましたが、
中を洗って水を捨てる際に口部分に戻りました。

Bälz-9

背面にもラベルがあります。
「複方ベルツ水 本品は肌のあれを防ぎひび志もやけを予防す」「適量を使用すべし」
「定價25銭」と書いてあります。
複方ってなんだ?と思って調べてみると、数種の薬品を調合した薬剤のことだそうです。
ちなみに、ベルツ水はグリセリン・ アルコール・水酸化カリウムを主成分としています。

これだけの情報では年代の特定は難しいですが、
戦前の物であることは間違い無さそうです。

Bälz-2

さて、ベルツ水ばかりでもう飽きた!というそこのアナタ、ご安心ください。
このベルツ水が最後になります。
全長は蓋を含めて11.7cm、横幅は4.7cmほどです。
ラベルは地味目ですが、ビンの青色がとっても綺麗です。
サザレベルツ水というネーミングの由来は謎ですが、どことなく情緒を感じますね!
ラベル下部には「SAZARE BERUTU WATER」「HIDAI CO」「TOKYO」とあります。
「HIDAI」は発売元だと思われます。「比田井」でしょうか?
あまり聞き慣れない珍しい名字ですが、長野県に多いようです。
長野県出身の方が東京に出て販売していたのかな?妄想が膨らみます。

ところで、このベルツ水のビン、どこかで見た事がありませんか?
ちょっと比べて見ましょう。

Bälz-3

どうでしょうか?サイズは美顔水より一回り大きいものの、似ていますよね!
もしかして、このベルツ水も美顔水を真似たのでしょうか?
蓋を見てみましょう。

Bälz-4

上がベルツ水、下が美顔水です。
桃谷順天館の桃とトンボのマークが、どちらにもしっかりと入っています!
ベルツ水の発売元が蓋までそっくり真似て作ったというのは、考えにくい話です。
コストが掛かりますし、頑張って作ったとしても登録商標の問題で揉めるリスクもあります。
これはどうやら、真似たのではなくて、美顔水のビンを「再利用」した物のようです。
現在では到底考えられませんが、他社の空きビンを再利用して商品を販売することは、
戦前から戦後にかけては普通に行われていた事だと聞いたことがあります。
これもそういう経緯のある商品なのかもしれません。
もちろん、ただ真似て作ったという可能性もあります。
いずれにせよ、これが美顔水の容器の新装後に販売された物であることは間違い無さそうです。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんばんは 
ご無沙汰しております
ベルツ水って こんなに種類があったのですね
いや~マニアックなコレクション (^^)
こういう企画好きですよ

上の一番大きなベルツ水。
私は鎌に見えましたw昔のサスペンスドラマ的な?(詳しくないけど)
青いベルツ水。気泡が全体にバランスよく散らばっていてキレイですね。

コップ祭りさん、ご無沙汰です!

ベルツ水ってあんまり意識していなかったのですが、
こうして比べて見てみると面白いものですよね!
ベルツ水はそのほとんどが無名の企業の製品なので、
注目されることが少ないのかなと思います。
これからもマニアックな視点でマイペースにいきます(^^)

惑星さん、お久しぶりです!
お元気にしていましたか?

鎌というのは良い線イッてると思いますよw
鎌だと思って見ると、背景が、振りかぶった時の残像に見えてきましたw
私はなぜ竹だと思ったのか、自分で自分が分かりません…
尖りが竹の葉の尖りに見えたのか…
青いベルツ水は良い意味でビンの作りが雑なんですよね(笑)
気泡もあるし質感がトロトロしていて良いビンです!

ベルツ水情報、リンクのお許し
……この記事にも勝手にリンクしちゃいました、すみません
たくさんありがとうございました♪♪♪

mukashi_noさん、こんにちは!

早速、記事を拝見させて頂きました!
今まで詳しく知らなかったベルツ水のこと、大変勉強になりました!
グリセリンカリ液、使ってみたいなぁ~
ただ、私も顔に使う勇気はありません(笑)
ベルツ氏の妻の花さんは、大変な苦労をなさった事でしょうね。
異国の地で頼れるのは夫だけ、その夫が亡くなった後も
ドイツに留まったけれど、ドイツ国籍を認められず無念の帰国……
明治から昭和にかけての女性たちの生き方は惹かれるものがあります。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kuronekochuck.blog.fc2.com/tb.php/84-af710042
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クリスマスツリー用電球 «  | BLOG TOP |  » 桃谷順天館 美顔水(&そっくりさん)

プロフィール

黒猫チャック

Author:黒猫チャック
香水瓶収集からはじまり、日本の化粧品デザインに辿り着きました。特にビンが大好き!ラベルが残ってたら最高です。
インスタグラム始めました。
ID:KURONEKO0118

アナログ時計(黒)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
化粧水ビン (17)
香水ビン (29)
白粉ビン (11)
本 (2)
クリームビン (7)
白粉紙箱 (2)
生理用品 (1)
その他 (12)
香油ビン (1)
インクビン (1)
薬ビン (5)
白髪染めビン (1)
缶 (2)
ポマードビン (1)
玩具 (1)
乳液ビン (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。