topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平尾賛平商店 レートポマード - 2015.09.04 Fri



ちょっと珍しい?
平尾賛平商店のレートポマードです。
全く透明感のない、肉厚な白いガラスビンです。

キスミー香水の記事が情報不足でなかなか進まなかった時に、
このポマードの記事も同時進行で進めておりました。
キスミーで力を使い果たしてしまって底が浅い記事になりましたが、ご了承ください(汗)

レートといえば化粧品のイメージが強くて、ポマードなんて出してたの?とお思いの方も
いらっしゃるかもしれませんが、出してるんですねぇ~
社史を確認してみたところ、1916年の5月に発売しています。

当初の売り上げはそこそこ好調だったものの、その後の売れ行きは芳しくなかったようで、
「発売当初より好勢を持したりしが大正末期より各地の自家製ポマード等の影響受けたり」
との記述があります。
1917年には、後に70%以上のシェアを誇ることになるメヌマポマードが発売、
1920年には、これまたベストセラーとなる柳屋ポマードが発売します。

その後もポマードは各社から相次いで発売されました。
こうした熾烈な競争にレートはついていけなかったのではないでしょうか。

(メヌマはサラッとした使い心地を追及して消費者の支持を得ました。
レートは外国産をそのままコピーしたようなネットリ系だったのでは?と推測)

そもそもレート自身が、ポマードの売り上げにどれだけの期待を寄せていたのかが疑問です。

沢山の広告を出しているレートですが、レートポマードを全面に押し出している広告は
ほとんど見受けられません。
その中でも私が特にお気に入りな広告がこれ!



これは1928年の広告です。

見てください、このやる気の無さ!
出勤が憂鬱なのか!?こんな真顔でポマードを宣伝しなくても……



正面のラベルを見てみると、人物が描かれています。
帽子を被った洋装の女性でしょうか?どういう服装なのかいまいち分かりません!
後頭部の赤丸はなんぞや?おでこの出っ張りはサンバイザーにしか見えないし……(笑)

四角いビンの形はどっしりとしています。
ポマードだけあって、男性の使用者を意識しているのでしょうか。



ちなみに、レートポマードはこんな形をしたビンでも売られていたようです。
こっちのほうが凝った形をしていますね!



背面のラベルには「レートポマード 高級煉香油」とあります。
考えたこともありませんでしたが、ポマードの日本語訳は煉香油なんですね〜



出ました!平尾賛平氏の肖像です。
偽造防止用のシールですね。

1912年6月以降、 1926年12月までがこの肖像マークが使われた期間だそうなので、
このレートポマードはその間に作られた物でしょうね。



蓋には筆記体で「Lait POMADE」とあります。
レートクレームの蓋にちょっと似てる?



底はエンボスもなくツルツルです。


唐突に話は変わりますが。
今日は久々のヒトリ飯でございました。
寂しい気もするけれど、たまには良いね!
味噌汁、卵かけご飯、じゃがバター、サラダという、めちゃくちゃな組み合わせでも誰にも
何も言われないものね!
なんの変哲もないジャガイモを使ったじゃがバターなのに、すごい美味しいです。
じゃがバターを食べていて思ったのが、そういえば今年は夏祭りでじゃがバターを
食べなかったなあ〜ということ。
毎年いくつかの夏祭りに足を運ぶけれど、毎回必ずと言って良いほど食べていました。
(これだけは必ず食べるぞ!っていうの、ありますよね?)
大人になって胃が小さくなったのか!?単に飽きてしまったのか!?
今年は食指が動きませんでした。その代わりに、キュウリを齧っていました。
最近は涼しい日が多くなって、夏を振り返る気持ちになっています。
昔は夏が終わることになんの憂いも感じなかったけれど、今年は少しさみしい。
夏が終わりだと思うと、秋が来る→冬がくる→今年も終わり!と、思考が年末にまで
とんでしまって、うわー!もう終わってしまうのか!となります。
と、いうわけで、今年も残り三ヶ月ですが、更新頑張ります。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんばんは
前回の記事の感想で申し訳ないのですが、キスミー香水もなかなか素敵ですね!一気に私の中で注目商品になってしまいました(笑)シンプルな台形の瓶なのにインパクトが強く、また「ヘリオトロープ」という言葉(花の名前?)にも何故かすごく惹かれました。
ミニ展示なんかされていたのですか!? わー行ってみたかった(; - ;)
また地道にアンティークショップ等で探し回ろうと思います。

毎回本当に楽しく記事を読ませて頂いています。収集歴1年位の私にとって黒猫チャックさんは憧れの存在です!
これからもブログ更新頑張ってください^_^

この前、仰っていたの、この壜だったんですね!
正にソックリ! 底にトーレのエンボスがないのを除けば、これ以外に考えられない
位です。こんな蓋とかラベルだったんだ~ この壜って、殆ど他に詳しい情報が出て
いるものをネットで見つけられなかったので、こんなにも詳しいものを見られることが
出来るなんて・・・ 残念ながら私のヤツの販売期間は判らないけど、それでも
大正期から昭和の初期の頃のモノだとは思われるので、怖ろしく古いんだなあ、と
改めて感じています。
参考までに大きさを。高さ4.8×幅4.1cm位です。蓋の分低くなりますが・・・

1928年の広告、笑えますね(笑)
よっぽど会社に行きたくないんだろうかって思えます。丁度目のところに折れ線が
来ているのがハマり過ぎ(笑) あと、頭の上の逆さまフラッグみたいのなんだろう?

そいえば、夏が終わる頃から月日が経つの素晴らしく加速するような気がします。
え?もう年末?みたいな。あと、今年ももう気が付いたら九月になってた・・・
っていうか全体的に月日が経つの早過ぎです・・・

もち子さん、こんばんは!

どちらかというと、丸い蓋のポップなイメージの強いキスミー香水ですが、
エレガントなビンも沢山あるんですよ〜
台形の瓶は確かにシンプルではありますが、カットのおかげでとても素敵なんですよね!
これを見つけた時は購入即決でした。本当にキスミー香水なのかは半信半疑でしたが(笑)
今回の紅ミュージアムでやっと確信できました。
ヘリオトロープは花の名前です。紫色の可愛い花ですよ。
日本語では「匂い紫」という素敵な呼び名があります。
懐かしい香りだけれど、いわゆる「おばあちゃん」の香りではないと思います。
白粉のようなバニラのような甘くて優しい香り……と言って伝わるかどうか(汗)

ミニ展示してたのですよ〜!
記事のアップが思ったより遅くなってしまったので、宣伝だけでもしとけば
良かったなあ〜と、ちょっと後悔してます。
こういう小規模な展示は宣伝も小規模なので、意識していなければ気づけない
のが難しいところですね。私はキスミー香水のことを調べていて偶然気づきました!
丸い蓋のものは流通量も多かったので割と見つかりやすいと思います。

更新スピードが亀なのが申し訳ないですが、
その憧れが幻滅しないようにこれからも頑張ります(笑)

こんばんは
貴重な品ですね。。。私は見たことなかったので嬉しいです
レートの灰皿を持っているのですが、そこにレートポマードって
ラベルの図もいい雰囲気ですね
広告はたぶん 徹夜明けなのでしょう 笑

よ〜かんさん、どうも!

そうそう、この壜だったんですよ〜
そのうちアップすると宣言した手前、早くアップしなければと思っていました。
キスミーに比べたら書けることが少ないので、とても楽でした(笑)
企業が現存する場合、謎が解ける確率が高いのは良いけど、間違いがあっちゃいけないのと
どこまで掘り下げるか?という問題がありますね。
企業が現存せず、かえって情報の少ない物のほうが、妄想の余地があるから楽です。
レートポマードは一つだけ取り上げていらっしゃるブログがありましたね。
ラベルなしの形違いの物です。
サイズについては高さ5cm、横幅4.5cmでした。蓋を入れないサイズです。
蓋を入れても高さ5.1cmくらいですよ。蓋がしっかりハマるので誤差が少ないです。

広告、目のところの折れ線が余計に「ツイてない感」を醸し出していますよね(笑)
頭上の逆さフラッグは、謎なんです。印刷ミス??

そうなんですよ〜もう気がついたら9月なんですよ〜
年を取れば取るほど月日の流れが早く感じることについて、こんな事を聞いた事があります。
「10歳の人の1年は人生のうちの10分の1、60歳の人の1年は人生のうちの60分の1です。
 歳を取れば取るほど1年が短く感じるのは当然。人生の尺で考えると実際に短いのだから」
言われてみれば、確かにそりゃそうなんですけどね。他にも色々要因はありそうな気がします。
ちなみに私は休日の時間の流れが異様に早く感じます。これはなんとかしたい(笑)

コップさん、こんばんは!

コップさんでも御覧になったことありませんでしたか!
あんてぃかーゆさんで購入しましたが、良いの!?と思っちゃうような値段でした。
レートの灰皿にレートポマードですか。男性向けの商品だからかな?
これを期に色々調べてみたら、クラブでもウテナでも、ポマードは出しているみたいです。
しかし白粉やクリームなどの主力商品に比べれば流通量はかなり少なかったでしょうね。
全然見たことないので……
広告は徹夜明けですか!そう思って見ていると余計物悲しく感じます(笑)

広告おもしろいですねw平日の自分もこんな感じですw

ポマードなのにラベルは女性なんですかね?
女性なら時代的にモダンガールっぽいですね。

平尾賛平氏!ポマード瓶の方が立派なデザインしてますね。まるで国王の様w

惑星さん、こんにちは~!

奇遇ですね。私も平日はこんな感じなんですよw
だからシンパシー感じちゃうんですかねw
昔の広告を眺めていると本当に面白いものが多いので、
そのうち広告だけで記事を書いてみようと思ってます。

男性向け商品に女性デザインっていうのは引っ掛かりますよね。
当時の男性がこれをレジに持っていくのは気恥ずかしいのでは?
男らしさ、女らしさが現代よりも重要視されてた時代ですからね。
その点、柳屋やメヌマは、より男性的なイメージで押してます。
そういう消費者へのアピールの点でも、レートポマードは遅れを
とっていたかもしれませんね。
女性の消費者へのアピールも考慮にあったかもしれませんが、
ターゲットがはっきりせずに商品イメージがボヤけてしまうのは
よくあることだと思います。

平尾さんは多分、自分大好き人間だったんだと思います(笑)
商報の新年の挨拶の広告にもデカデカと肖像が載っていますし……
経営者が自ら広告に出るのは、この時代でもかなり珍しいです。
レートユーザーだった当時の女性達が、このオジサンのシールの
ことをどう思っていたのか、興味はあります(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kuronekochuck.blog.fc2.com/tb.php/75-c78547c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

資生堂 資生堂歯磨 «  | BLOG TOP |  » 伊勢半 キスミー香水

プロフィール

黒猫チャック

Author:黒猫チャック
香水瓶収集からはじまり、日本の化粧品デザインに辿り着きました。特にビンが大好き!ラベルが残ってたら最高です。
インスタグラム始めました。
ID:KURONEKO0118

アナログ時計(黒)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
化粧水ビン (17)
香水ビン (29)
白粉ビン (11)
本 (2)
クリームビン (7)
白粉紙箱 (2)
生理用品 (1)
その他 (13)
香油ビン (1)
インクビン (1)
薬ビン (5)
白髪染めビン (1)
缶 (2)
ポマードビン (1)
玩具 (1)
乳液ビン (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。