topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中地球堂 薄化粧あらい粉ヤッコ - 2015.07.30 Thu



このゴチャゴチャ感!
やり過ぎなデザインがたまりません~
田中地球堂の薄化粧あらい粉ヤッコです。

「あらい粉」なのに「薄化粧」とはこれ如何に?
薄化粧用の洗粉なのでしょうか?
ワスレコモノでは、デザインや名称が微妙に違うものが掲載されていますね。
そちらでは「美人剤ヤッコ」という名称で紹介されています。
私の持っている物とそっくりな缶容器だし、デザインにも共通性が見られるので、
発売元や中身の洗粉は同一だと思うのですが、実際のところどうなのか気になります!
この「ヤッコ」さん、本名を川上貞奴といい、日本で初めての女優として有名です。
明治末期から大正中期にかけて国の内外を問わず活躍しました。
川上貞奴に関しては詳しいサイトが山ほどありますので、詳細は割愛させて頂きます。



上部には『女俳優マダム川上貞奴贈品』とあります。
贈品なんて言ってますけど、多分ウソだと思います(笑)



正面アップ!
右上には『Natural Beauty』とあります。
左上の女性は貞奴さんの肖像でしょうか?全然似てないけど……(笑)

反時計周りに回してみます。





『yakko』の書体がかっくいい!おフランスというよりアメリカン!





蓋を引き上げると注ぎ口?が現れる仕組みになっています。
穴がなんとも不気味だったのでハムスターを合成しちゃいました。
こういう無駄なことをしなければもう少しハイペースで更新できると思う。



そして缶の蓋の上部分にはリアルな貞奴さんが!
これは何となく面影ありますね。

今回もネット上の資料を総動員して調べてみましたが、
発売元の田中地球堂については、残念ながら何も分かりませんでした。
1906年6月の商報で広告を発見しましたので、その頃発売された物だと思われます。
貞奴さんが、日本で初めて女優として舞台に立ったのは1902年(1903年の説もあり?)
で、1917年の引退まで人気を博したようですから、時期的にも違和感ありませんね。
その広告がこれ。



なんていうか……もう少し美人に描いてくれても良いよね!
左隣の「カール」は、整髪料か何かだったのでしょうか?
「くせと縮毛を直す」というと、私はコテを思い浮かべてしまうのですが、
ひと袋いくらの値段が書いてあるということは、粉状の洗髪料かな。

1920年、女流作家の長谷川時雨が、貞奴について綴った「マダム貞奴」には、
以下の記述があります。

『化粧品には争ってマダム貞奴の仏蘭西土産であることを標榜した新製品が
 盛んに売出され、広告にはそのチャーミングな顔が印刷されたりした。』

貞奴が日本でいかに熱狂的に受け入れられていたかが分かります。
ただ一つ気になるのは、『新製品が盛んに売出され』たはずなのに、
ヤッコ関連の化粧品で見たことがあるのは洗粉の缶だけだということ。
化粧水とか白粉とか、もっとありそうなものなんですけどね〜

スポンサーサイト

● COMMENT ●

チャックさん、いろいろと貴重な情報の大発見が続いていますねー
薄化粧あらい粉ヤッコと田中地球堂の発見も、楽しませていただきました!

洗粉正面や広告の貞奴さんがかなり適当で可笑しいです、貞奴さんは明治末くらいの
化粧本などで欧米の化粧法の紹介とかで大活躍されてますが、広告はレームじゃなくw
レート乳白化粧水くらいしかわかりません、さらに関連製品は当時の資料が商報とかしか
ないので、実際の製品とかはよくわかんないです…なので、美人剤ヤッコは貴重です!
西洋に日本のような洗粉があったかは疑問だし、贈品なんてウソだと私も思う、けど

カール、自信がないのですが、くせ直し、と呼ばれた、美男かつら(サネカズラ)や
ふのりなどを、水に浸すなどして粘液にして使う、ゼリー状の古典的な整髪料かも
サネカズラやふのりは洗髪にも使ったので、粉状の洗髪料、正解だったりして??

あと、ハムスター、穴にちょこんとかけた小さな手が愛らしいです、技です!

おぉ〜ハムスターの合成、自然な感じですねp(^_^)q
その辺の技術も壜図鑑のお手伝いに関連してくるのでしょうか!?

もう、全てがかっこいい!!!

新品よりも所々、錆がかっている方がしっくりきてますね!
こっちの方が正解ってくらいw
注ぎ口の穴もロマンを感じてワクワクしてしまいます(´∀`)

mukashi_noさん、どうも〜

貞奴さん、化粧本などに載っているのですか!
そういうお仕事もしていたのですね〜。
さすが名の知れた芸妓さんですね。

水に浸して使う整髪料!なるほど!
それなら袋に入れられますし、くせ直しという言葉にも頷けます。
洗髪にも使えるなんて、サネカズラやふのりは万能ですね

ハムスターは余計なことしたなと思いましたが、
可愛いと思って頂ければ嬉しいです(笑)

ボトルソウドウさん、こんばんは!

関連しますね〜大いに関連します!
とは言っても、びん写真に何かを合成している訳ではありません(笑)
図鑑に載せる画像の加工・色調整をしています。
装丁やポスターの制作などで毎日のように画像をいじくっているので、
こういった作業は慣れっこなんです。
少し訓練すれば、これくらいの合成は誰でもすぐ出来るようになります。
フォットショップは偉大です(笑)

惑星さん、いらっしゃいませ〜

カッコいいですよね!
錆も含めてデザインの一部に思えます。
穴の写真を撮るために蓋を上に引き上げる時にはドキドキしました。
中身の見えない古い物の蓋を開ける時はいつもそうです。
中から何が出てくるのか分からないですからね(汗)
ロマンを感じて頂けたなら開けたかいがありましたw


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kuronekochuck.blog.fc2.com/tb.php/72-8b18547d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今年も骨董ジャンボリーの季節です。 «  | BLOG TOP |  » レーム化粧料本舗 レーム化粧水

プロフィール

黒猫チャック

Author:黒猫チャック
香水瓶収集からはじまり、日本の化粧品デザインに辿り着きました。特にビンが大好き!ラベルが残ってたら最高です。
インスタグラム始めました。
ID:KURONEKO0118

アナログ時計(黒)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
化粧水ビン (17)
香水ビン (29)
白粉ビン (11)
本 (2)
クリームビン (7)
白粉紙箱 (2)
生理用品 (1)
その他 (13)
香油ビン (1)
インクビン (1)
薬ビン (5)
白髪染めビン (1)
缶 (2)
ポマードビン (1)
玩具 (1)
乳液ビン (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。