topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーム化粧料本舗 レーム煉白粉 - 2015.06.12 Fri



レートじゃないよ!レームだよ!パート2!

レーム化粧料本舗の水白粉を先日は取り上げましたが、今回は煉白粉です!
水白粉に負けず劣らずハデハデなデザインですね。
これもそれなりの量が流通しているようで、ネット上でチラホラ見掛けます。



ぽってりした容器です。



ラベルには『REIMU KESHORYO KAISHA』とあります。
……むむむ?レーム化粧料「本舗」なんじゃないの?「会社」なの?
そこらへんはどうやら適当なようです。
レーム水白粉に使われたモチーフは百合でしたが、こちらは蘭ですね。



背面はこんな感じです。
ラベルには消え入りそうな文字で宣伝文句が書かれています。
レーム水白粉の説明書とほぼ似たような内容です。



このレーム煉白粉、デザインがかなり独特なのですが、特に面白いのが、この蓋。
エンボスがなかなか素敵ですね!銅製でしょうか?不思議な質感です。
ほぼ全体が黒くなっていますが、ところどころピカピカに輝いてます。
発売当時は全体がピカピカだったのかしら。
容器が楕円形なので、蓋はただ被せるだけの構造です。
重みや状態の良さから見て、未使用なのではと思います。
中がどうなっているのか気になるけれど、怖くて蓋が開けられません(笑)





紙箱はなぜか、雪の結晶が描かれています。
雪のように白くなるとか、そういう意味でしょうか。
絵柄が正面からズレてしまっています。
厚紙で基礎を作っていて、絵柄がプリントされた紙を巻き付けているみたいです。
全て手作業でしょうから、巻き付ける時にちょっとズレちゃったんでしょうね。

ところで!
レーム水白粉の記事をアップしたところ、
レーム(霊夢)について、大変興味深い情報を提供して下さった方がいました。
こういうことがあると、ブログをやっていて良かった!と心の底から思います。
この場を借りて改めて御礼申し上げます。

皆様は「平尾賛平商店五十年史」というものがあることをご存知でしょうか?
1929年、二代目平尾賛平の時代に出版された社史です。
なんと、その本に、「レーム(霊夢)」についての記述があったのです!
問題の一文は、登録商標に関する他社との抗争についてまとめたページにありました。
内容を以下に抜粋します。

『神戸市筒井町、神戸合金工業株式会社に於いて大正十一年六月「レーム」「霊夢」を出願せり。
 依って異議申立の結果、相手方抗争を中止せり。』

「レーム」が「レート」に似ていた為に、平尾賛平商店が商標の登録に異議を申し立て、
神戸合金工業株式会社が出願を取り下げた……という解釈で大丈夫でしょうか?(←不安)
所在地が筒井町であること、そして「レーム(霊夢)」という言葉が出てくる点で、
神戸合金工業株式会社とレーム化粧料本舗は同一の組織であると考えて良さそうです。
手元にあるレームの箱や瓶をよく見てみましたが「登録商標」の記述はどこにも見られません。
(この時代は登録された商標について、「登録商標」と明記する商品が沢山ありました)

合金産業から化粧品業への鞍替えの為に、まずレーム化粧料を考案し、
商標の登録を出願したもののレートの訴えにより断念、しかしその後に社名変更して、
商品の製造・販売に踏み切ったと考えても良さそうです。
商標の登録ができなくても、製造・販売自体が差し止められることはなかったと思うので、
ダメ元で申請した可能性もありますね。
大正11年といえば、レートがまさに一世を風靡している時代ですから、
何のお咎めも無しとはレームも思っていなかったでしょう。

「レームって、レートを真似たんじゃないの?」

と、なんとなく、なんとな〜く思ってはいたけれど、まさか両者が実際に直接対決
していたとは……思いもよりませんでした。
なんて面白い事実なのでしょうか!
この話をおかずにして白いご飯三杯はイケる気がします。
変態でごめんなさい!

レーム、より一層気になる存在になりました。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんばんは
なるほど なるほど うんうん よくわかる
面白いですね レートvsレーム
レートはクラブともやりあっていたので
狭い化粧品業界は ドロドロですね

コップ祭りさん、どーも!

面白いですよね~。
売るためなら何でもアリです。
真似されるのは大手の宿命なのかもしれません。
レートクレームの瓶も、そっくりな物をよく見掛けます。
レートとクラブといえばフードの商標を賭けた法廷合戦ですね!
11年もかかって、最終的には和解したそうですが……
お互いに疲れちゃって「もう良いよ」って感じでしょうか(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kuronekochuck.blog.fc2.com/tb.php/67-ba8169b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平尾賛平商店 レート粉白粉 «  | BLOG TOP |  » 森田薬品工業株式会社 ボンエム

プロフィール

黒猫チャック

Author:黒猫チャック
香水瓶収集からはじまり、日本の化粧品デザインに辿り着きました。特にビンが大好き!ラベルが残ってたら最高です。
インスタグラム始めました。
ID:KURONEKO0118

アナログ時計(黒)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
化粧水ビン (17)
香水ビン (29)
白粉ビン (11)
本 (2)
クリームビン (7)
白粉紙箱 (2)
生理用品 (1)
その他 (13)
香油ビン (1)
インクビン (1)
薬ビン (5)
白髪染めビン (1)
缶 (2)
ポマードビン (1)
玩具 (1)
乳液ビン (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。