topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山太陽堂 クラブホルモンクリーム - 2015.05.15 Fri



ポッテリ可愛い!
皆さんお馴染み、中山太陽堂のクラブホルモンクリームです。

見てお分かりだと思いますが、これは結構新しい物です。
60年代~70年代くらいの物でしょうか。
発売から80年間、ほぼ同じデザインのパッケージで売られている、
オドロキの商品です!





ポッテリという言葉が本当にお似合いな形です!



この蓋も個性的ですよね〜
エンボスはバラを象っています。

企業ホームページの沿革を見ると、「クラブホルモンクリーム」の記述はありません。
1935年に「ホルモン配合の美身クリーム発売」との記述があり、
これがクラブホルモンクリームの事だと思われます。
発売当時はホルモンクリームという名称ではなかったのでしょうか。
ちょっとした疑問です。



中に入っている説明書には、こんなナイスなお姉さんが描かれています。
ファッションも、化粧の仕方も、イラストのタッチにも、時代を感じますね~
モデルの女優さんでもいるのかな?どこかで見たことある顔です。
それが分かれば、もっとハッキリした年代が分かりそうなんですけどね!



ちなみに、これはあまり知られていないことかもしれませんが、
この特徴的なパッケージにそっくりな物がイギリスにも存在しています。
左はイギリスの老舗化粧品会社、ヤードレーの化粧品のパッケージです。
(「輝きはじめた女たちー20世紀の化粧と旅ー」ポーラ文化研究所著より引用)
うーん、そっくりですね!
ただ、1カ所だけ大きな違いがあります。
ヤードレーは蓋のエンボスがバラではなく、英国王室御用達を示す蜂なんです。
この資料だとちょっと分かりにくいですが、結構リアルな蜂なんですよね〜(汗)
バラのほうがロマンチックで可愛いと思います。

さて、今晩はタモリ倶楽部にびん博士が出るぞ!
起きているのは辛いので、しっかり録画予約して寝よう!


追記:ビン底の写真を追加します!



500円玉サイズくらいの円形の凹みがあって、その円の内側の端部分に、
「2」のエンボス、円の中心部分には「V」っぽいエンボスがあります。
中心部分に関しては、思いっきりラベルが被ってしまっているので、凹みで推測しています(汗)

スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんばんは!
まず、タモリ倶楽部! ありがとうございます!
ここでこの記事を見なかったら知らないで終わるところでした・・・
予約完了(笑)

このアラバスターガラスっぽい感じ、いいですね~
アラバスターガラス、とても好きなんですが今のところそれっぽい壜は
一つしか見つけていないのです・・・
しかし、ヤードレー、そっくりですね。こんなにまでそっくりにした上で
現在までこのデザインを貫くって、なんかある意味凄いような(笑)

私があの時間に記事を投稿したのは、びん博士の出演情報を
告知したかったからと言っても過言ではありません(笑)
よ〜かんさんが見逃さずに済んで良かったです。
「棺の中にびんを入れるというか、棺をびんにしたい」というびん博士の
言葉が、良い意味で衝撃的でした!
一つ欲を言えば、ボトルシアターをもう少し魅力的に撮って欲しかったな(笑)

こういうのをアラバスターガラスというのでしょうか?
実は私、アラバスターについてあまり詳しくありません。
透明感のある乳白ガラスをそう呼ぶのならこれは確かにアラバスターっぽいです。
当時の日本は化粧品分野に関しては後進国でしたから、どうしても
真似っこが多くなってしまうんですよね!
ヤードレーでは既にこのデザインは使われていないようですし、
資生堂とは違ってクラブコスメチックスは世界的な展開をしていませんから、
問題になることは無いのでしょうね。

こんにちは
クラブのこのびんは 可愛いですよね
ヤードレーとそっくりさんですね
面白い そんな事とは知らなかったです 

コップ祭りさん、こんにちは!

面白いですよね!
資料を眺めていて、ふと気付いた事です。
こういう発見が楽しいので、
資料集めはやめられませんね(笑)
ヤードレーの物もいつか手に入ったら、
ホルモンクリームの隣に並べたいです!

こんばんは!
ちょっと前の記事にコメントで失礼します。

紅ミュージアムですが、気になってネットで見てみたら、8/30までやっているじゃ
ないですか! しかもキスミー香水の匂いの体験も出来るとは。
もう気になって仕方なく、行ってしまいました(笑) その結果、私の拾ったヤツは
「キャラ」の方だという事も判りました。いつも黒猫チャックさんの情報で助けられ
ていますね。ホントにありがとうございます! 紅ミュージアムの記事を、楽しみに
していますね~

ところで昨日ですが、約三ヶ月ぶりに壜拾いに行ってきました。その成果の中に
ずっと見つけたいと思っていた二つ目のアラバスターガラスっぽい壜があったのです
けど、そいえば黒猫チャックさんとこで見たこのクラブホルモンクリーム壜と相当似て
いるなと思って来てみたらかなり似ています。
私の拾ったモノは気泡が幾らか入っています。エンボスは底の真中に「N」、端に
「6」とだけ入っています。側面にはラベルの窓すらなく、ホルモンクリームにそっくり
な形です。蓋があればすぐ判るんでしょうけど、残念ながら本体のみ。
そこでお願いなんですが、黒猫チャックさんのお持ちの壜の底のエンボスとか気泡
とかの有無とかを教えていただけないでしょうか。勿論すぐに取り出せない場所
とかにあるのであれば諦めます。

アラバスターガラスの知識については、以下のページの知識以上私も判らない
のです。コレを見て(正確に言うとこのWebページではなく、図録でですが・・・)
こういうのを拾ってみたい!って思うようになったんです。このガラス壜たちの所有
は勿論びん博士です(笑)

http://www.miho.or.jp/booth/html/doccon/00004537.htm

よ〜かんさん、こんばんは!

ホルモンクリーム、底の写真も追加しておきました。
残念ながらラベルがあって中心部分に関しては確かなことが言えません(汗)
「2」に関しても、半分近くラベルに隠れているので、言い切ることはできません。
「Z」か「N」の可能性もあると思ったのですが、一部曲線なので「2」と判断しました。
気泡はポツポツありますよ!中につまっているクリームをキレイにすれば、
もうちょっと分かりやすくなると思うのですが、現状維持派なのでご容赦ください。
ラベルについては、窓はありません。
ラベルが無ければ前後の区別がつかないような感じです。
今度博士に、アラバスターについて聞いてみようかな(笑)

紅ミュージアム、御覧になりましたか!コメントに気づいてもらえて良かったです。
本当は先週末にキスミー香水の記事をアップして、行きたい人に行ってもらえると良いな〜と
思っていたのですが、すっかり遅れてしまいました。
よ〜かんさんの拾ったものはキャラだったのですね!
分かって良かったですね〜


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kuronekochuck.blog.fc2.com/tb.php/64-03d10a73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レーム化粧料本舗 レーム水白粉 «  | BLOG TOP |  » 寄木細工とニッパーくん

プロフィール

黒猫チャック

Author:黒猫チャック
香水瓶収集からはじまり、日本の化粧品デザインに辿り着きました。特にビンが大好き!ラベルが残ってたら最高です。
インスタグラム始めました。
ID:KURONEKO0118

アナログ時計(黒)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
化粧水ビン (17)
香水ビン (29)
白粉ビン (11)
本 (2)
クリームビン (7)
白粉紙箱 (2)
生理用品 (1)
その他 (12)
香油ビン (1)
インクビン (1)
薬ビン (5)
白髪染めビン (1)
缶 (2)
ポマードビン (1)
玩具 (1)
乳液ビン (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。