topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾産の戦後のお酒? - 2015.03.29 Sun



今回はちょっと番外編的な内容でお送りします。
大砲型で陶器製のお酒のボトルだなんて、全く私の趣味ではありません(笑)。
ただ、単純に古いモノには親しみを感じてしまう習性で、
思わず持ち帰ってきてしまいました!

私には御年90近い祖父がいます。
足腰は弱っていますが、話す言葉はしっかりしていて元気な人です。
1年のうちに脳梗塞でニ度入院しましたが、ほとんど後遺症が残らなかったラッキーマン!
そんな祖父の顔を、先日フラッと見に行きました。

生来、仕事人間で頑固者の祖父。
妻である祖母や、娘である私の母にはすこぶる評判が悪いのです。
でも、孫にはニコニコで、私のことも大変可愛がってくれています。
昔の話もよく聞かされたもので、第二次大戦中に兵役検査を受けたけれど不合格にされ、
そのまま終戦となり悔しかったこと、借金の肩代わりをさせられ夜逃げ同然に故郷を出たこと、
新天地で初めて建てた自分の家のこと、などなど……。
挙げればキリがありません。

基本、無趣味の祖父の唯一の趣味と呼べたものが、切手や紙幣、硬貨のコレクション。
私のコレクション癖は祖父からの遺伝かもしれません。
一時期はお酒のミニボトルがガラスケースに並んでいたりもしました。
(それについては家の建て替えの際にほとんど処分してしまったらしい。残念)
ただ、祖父がそれらのモノを収集していたのは現役時代だけで隠居後は全く集めていない様子。
でも今でも時々、自慢気に見せてくれます。
結構すごい量ですよ!今度写真に撮らせてもらおうかな〜

話が逸れました。
で、顔を見に行ったらやっぱり昔の話になり、話の流れで私がビンの
コレクターであることを話しました。(隠していた訳でもなく、言う機会がなかった)
そうしたら、「それなら良いのがあるよ!」と祖父が持って来たのが、この大砲型の酒ビン!
大きいし(全長20センチちょっと)形が物騒だし、インパクトがすごい!
しかも未開封で、振るとポチャポチャ音がします。
仕事仲間が台湾土産に買ってきてくれたモノで、本当は三種類の形をもらったはずなのだけど、
探してみたらこれしか出てこなかったとのこと。
「自分が持っててもいつか捨てちゃいそうだからあげるよ」という祖父の言葉と、
ちょっと見た感じかなり古そうで、興味が湧いたので、ついつい貰ってきちゃいました。



「臺灣省菸酒公賣局専賣憑證」とあります。
簡単な漢字に直すと「台湾省於酒公売局専売憑証」といったところでしょうか。
この字面を見るだけで、なんとなく意味が分かる気がしますね。
検索してみると台湾の酒造会社らしきHPの歴史沿革ページに
「1947年再改組為、台湾省菸酒公賣局」という一文がありました。
日本から独立後しばらくは、お酒の売買は政府の管理下にあったのでしょうか?



これはボトル背面、大砲のお尻の下に貼られたラベルです。
剥がれそうになっているラベルの上に、ベターッとビニールテープが貼られています。
これは恐らく、祖父がやったものと思われます(汗)。
文字の流れは右から左ですね〜
「中華民国 金門大麹(←?)酒」とあります。
台湾には金門という名の県があり、国共内戦の際には最前線の地だったそうで、
もしこれが金門のものなら、大砲という軍事的なモチーフにも納得できます。
詳しい人がいれば詳細を聞いてみたいものです。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

はじめまして

みんなわくわくするビン達ですね

おじい様のお話ステキです

13年ほど前に古い実家を壊した際、精神的に余裕も無くほとんどを
廃棄してしまいました。

今も思い出すと残念でしかたありません…

ひとめぼれレトロ日記さんを拝見すると

遠い昔の温かいものを感じ癒されます…   v-22

みろこころみさん、はじめまして!

こんなマニアなブログにお越し下さりありがとうございます!
古い物の魅力を少しでも感じて頂けると嬉しいです。

ご実家のお話、私も似たような後悔があり、とても共感できます。
父方の古い実家の解体が決まり、父親と荷物整理に行くつもりでいたのですが、
結局行けずじまいで、やっと行けた時には既に更地でした。
家が一つ無くなるというのは、すごい喪失感ですよね。
祖父母との繋がりを思い出せるように、何か一つくらい持ち帰りたかったです。
今でも、祖母のドレッサーには何が置かれていたのだろう、と考えてしまう事があります。

ペースは遅いですが、素敵な古い物をより多く紹介できるよう頑張ります!
また是非いらっしゃって下さいね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kuronekochuck.blog.fc2.com/tb.php/57-6e576122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

身元不明のビン達のお話 その1 «  | BLOG TOP |  » 金船化粧品部? シップ水白粉

プロフィール

黒猫チャック

Author:黒猫チャック
香水瓶収集からはじまり、日本の化粧品デザインに辿り着きました。特にビンが大好き!ラベルが残ってたら最高です。
インスタグラム始めました。
ID:KURONEKO0118

アナログ時計(黒)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
化粧水ビン (17)
香水ビン (29)
白粉ビン (11)
本 (2)
クリームビン (7)
白粉紙箱 (2)
生理用品 (1)
その他 (13)
香油ビン (1)
インクビン (1)
薬ビン (5)
白髪染めビン (1)
缶 (2)
ポマードビン (1)
玩具 (1)
乳液ビン (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。