topimage

2016-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハムスターを拾いました。 - 2016.03.27 Sun



色々と理由を付けて更新を先延ばしにしていたら、とうとう広告が出てきてしまった……!
(広告が出てきたのは、これが確か2回目) という訳で、慌てて更新です!

トップ画像がどうしてジャンガリアンハムスターなのかというと……
先月末に「拾った」からなんですよ!
ビンを拾いたいと思っていたら、なんとハムスターを拾ってしまうという、
ある意味ではビンよりも確率の低い偶然に遭遇してしまいました。
色々と思うところもあり、今回は古いモノ全く関係なしの番外編をお送りしたいと思います。

2月末のある日のこと。平日だったので私は会社に出勤して仕事をしておりました。
午後14時頃だったかな?いきなり職場の先輩(かなりの動物好き)が
「黒猫さん、動物飼いたいって言ってたよね?ハムスターなんてどう?
 そこに捨てられているのだけど、その気があるなら 見に行ってみて!」
と話しかけてきたのでビックリしました。
ええ?ハムスターが捨てられている?そんなことがあるの?と最初は半信半疑でした。
詳しいお話を聞いてみると、発見したのは朝の出勤時で、工具用の半透明プラケースに
木くずと一緒に入れられており、子どものような拙い字で『ひろってください』と
書かれた張り紙がしてあるとのこと。
しばらく様子を見ていたけれど、昼を過ぎても拾われる気配がないのでどうしようかと
思っていたら、 黒猫さんが動物を飼いたがっていたことを思い出したので声をかけてみた、
ということでした。

兎にも角にも先輩の案内で見に行ってみると貼り紙は無く、ケースの蓋も開いていました。
拾われたか、脱走したかな?はたまた烏か猫に襲われたか…と思ってケースを拾い上げてみると、
その動きに驚いてか、木くずの中からハムスターが ひょっこり顔を出したのです。
それが物凄い可愛い子で、その瞬間に私の決意は固まりました!



これがその時の様子です!か、かわいい……
とりあえずケースごと社内に連れて帰り、様子を見ることにしました。
傍目から見て元気そうだし人を怖がる様子もなく、むしろ自分から寄ってくるような子です。
上司の計らいもあり、その日は定時に会社を出て近くの動物病院へ。
先輩諸氏が手作り持ち運びセットをあっという間に用意してくれました!

動物病院では、ハムスターを拾ったということに、まず驚かれました。
そりゃ、そうだよね~自分も驚きましたし。
まず知りたかったのが、病気や怪我の有無、それから性別、女の子なら妊娠の有無です。
先生が掴もうとしても逃げることなく、本当に良い子で診察を受けてくれました。
「すごく人に慣れていますね~」と先生も感心のご様子。
健康体で異常なし、元気な大人のジャンガリアンの女の子です、という言葉にまず一安心です!
で、大人の女の子というと赤ちゃんがいるかどうかということがやっぱり気になります。
現実問題として、いきなり複数匹育てる自信は無かったので、里親探しを早い段階から
始めときたいというのと、お腹に赤ちゃんがいるなら飼育環境にも気を配る必要があるだろう
ということで、知る必要があると判断しました。ハムスターはどうやって調べるのかな~と
思ったら、なんと、人間と同じようにエコー検査ができるんですね!
その時にお腹をアルコールで濡らすんですが、その時、初めて「ジジッ」と鳴きました!
いきなりお腹を濡らされたのでビックリしちゃったんでしょうね。
可愛い声……というより、地面に落ちた死にかけのセミが動いた時のような、
とにかく予想外の鳴き声でした(笑) 驚かせちゃってごめんよ~!
少し抵抗したものの、エコー検査も無事に済み、赤ちゃんはいないということが分かりました。

動物病院を出て、次に考えなければならないのは、ケージをどうするかということ。
どうせ買うなら良い物を吟味したいけれど、持って歩き回るのはハムスターに酷だし、
時間的な余裕も無かったので、とりあえず一旦帰ることにしました。
ハムスター飼育歴の長い友人に連絡して、一時凌ぎなら虫カゴに新聞紙を入れてあげるのが良い、
というアドバイスを受け、虫カゴをゲット!
自宅に着いて、プラケースから虫カゴに移し替えます。
特に抵抗されることなく、素直に入ってくれました。本当に良い子です!
小さな皿に水を入れて差し出すとゴクゴク飲んでくれました。
全てが終わって、やっと一息ついたのは22時頃のことです。
それから、しばらくして夫が帰宅。
ハムスターを一目見た瞬間にもうメロメロです。
飼うことに異議なし、ということで、まず名前を決めることになりました。
その時点で私は結構ヘトヘトだったので、頭が回らず良い名前も思い付かなかったのですが、
夫の「うめ……とかどうだろうね?」の一言で「うめ」に決定いたしました。
ちょうど梅の季節だし、女の子らしくて呼びやすくて、本当に良い名前だと思いました。
日本的で古風な名前というのも、日本の古いモノ好きとしては重要なポイント(笑)

さて、翌日からは飼育グッズ集めに大忙しでした。
色々あって悩みましたが、なんとか形にできてホッと一安心です。
以前も同じようなケージで暮らしていたのか、うめちゃんは怖じ気づく様子も無く、
入れた瞬間に回し車に乗り、水を飲むという慣れっぷり(笑)
その日からは毎晩が運動会のような音がケージから聞こえてきます。

あれから一月が過ぎましたが、うめちゃんは元気です。


キャベツが大好きで、夢中になって食べているところ。


すぐ後、自分を狙っているデジカメに気づいてハッとするうめちゃん(笑)
一月もすると、安心している顔と緊張している顔の見分けが付くようになりました。
スマホは大丈夫なんですが、デジカメはどうも苦手なようです。
捕食者の目に見えるのかなあ?


私達の存在にも慣れてきたようで、手に乗る事も多くなってきましたが、よく噛まれます。
これまで飼った鳥や猫にもよく噛まれていたので慣れっこなのですが、
これが意外とイタイ!これが噛みグセというものか!

うめちゃんが来てから大変なこともあったけれど、以前よりずっと生活が楽しくなりました!
今考えるとすごい偶然なのですが、私たち夫婦はうめちゃんを見つける1、2週間前に
ペットショップでハムスターを眺めながら
「ハムスターを飼いたいね。ジャンガリアンが良いかな。暖かくなってきたらお迎えしよう」
という話をしたばかりだったのです。
こういう不思議な偶然というものはこれまでも経験があり、目に見えない引力みたいなものは
あるんだと、今回の件でますます確信しました。

しかしながら、お利口で可愛いうめちゃんと暮らしていて思うのは、
どうしてこんな良い子をあんな形で手放してしまったのかという疑問です。
人を怖がるような様子も無く健康状態も良好だったうめちゃんは、前のお家でも大切に
されていたと思うのです。
色々なやむを得ない理由はあったと思いますが、他にもっと方法はあったはずです。
どんな理由が有るにせよ、一度預かった命を無責任に手放すのは許されることではありません。
ネットで検索してみるとハムスターを拾ったという経験をした人は案外多いようで驚きました。
中には、うめちゃんよりも、もっと酷い捨てられ方をしたケースもあるようです。
うめちゃんはまだ幸運なほうだったんだと知って、せっかく助かった命、大切にしなくちゃと
ますます思います。大切にし過ぎて、ちょっと太り気味なのですが……(笑)
肥満も短命の原因になるので、気を付けなければなりません!

次回からは、また古いモノを取り上げる予定です。

スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

黒猫チャック

Author:黒猫チャック
香水瓶収集からはじまり、日本の化粧品デザインに辿り着きました。特にビンが大好き!ラベルが残ってたら最高です。
インスタグラム始めました。
ID:KURONEKO0118

アナログ時計(黒)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
化粧水ビン (17)
香水ビン (29)
白粉ビン (11)
本 (2)
クリームビン (7)
白粉紙箱 (2)
生理用品 (1)
その他 (12)
香油ビン (1)
インクビン (1)
薬ビン (5)
白髪染めビン (1)
缶 (2)
ポマードビン (1)
玩具 (1)
乳液ビン (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。