topimage

2015-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤澤友吉商店 ヨードブルトーゼ - 2015.10.22 Thu



私の持っているビンの中では、かなり大きい部類に入ります!
ハデハデな黄色ラベルが眩しい、藤澤友吉商店のヨードブルトーゼです。

箱も揃っているので一応完品?でも、説明書がありません~残念!
全長は19.5cmほどで、重厚な作りの焦げ茶色のビンです。250gとの表記があります。
ブルトーゼはディギングなどでもよく出てくるビンらしいので、古いビンがお好きな
方々にはお馴染みの存在なのではないでしょうか?
よく見る割にはあまり詳しいことを知らないので、改めて調べてみます。

ブルトーゼの発売元である藤澤友吉商店は、藤澤友吉が大阪で創業した製薬会社です。
三重県出身の友吉は9歳の時に大阪の薬種問屋、原田宗次郎商店で奉公を始めます。
しかし13歳の時、店主である原田宗次郎の逝去により商店が廃業したため、
これまた薬種問屋である田畑利兵衛商店に移ります。
更に17歳から漢方医の藤澤新平の養子となり、薬学を学びました。
この時に名字が「福守」から「藤澤」になったようです。
藤澤新平はそれから5年ほどで亡くなってしまいますが、独身で子供がいなかったため、
養子である友吉が藤澤家を継ぐことになります。
新平が亡くなって4年ほど経過した1892年、友吉は薬種商免許を取得し、
それから2年後の1894年に藤澤友吉商店を創業します。
そして1898年には、皆さんお馴染みの藤澤樟脳(防虫剤)を発売しました。
藤澤樟脳の売り上げは好調で、東京や京城にも進出し、工場を増設します。
そして1916年に、満を持して発売されたのがブルトーゼでした。
藤澤友吉商店は当時、このブルトーゼをかなり大々的に宣伝していたようです。
東京大学画像アーカイブスで検索すると沢山広告が出てきますので、ご覧になってみて下さい。



これは個人的に好きな広告です!
「T」のタンクトップを着た男の子が内股気味なのが、かわゆい(笑)

広告を見る限り、ブルトーゼには効能の異なる六種類のタイプがあったことが分かります。

ブルトーゼ      →万能?
アルゼンブルトーゼ  →神経衰弱・皮膚疾患
ヨードブルトーゼ   →動脈硬化・腺病質(虚弱体質のこと)
キナブルトーゼ    →慢性胃腸疾患
グァヤコールブルトーゼ→結核・呼吸器系疾患
ネオブルトーゼ(錠剤)→万能?貧血?

それぞれ、諸症状に合わせた処方がされているようですが、
「補血強壮」のキャッチコピーの通り、血をいっぱい造って健康になる!
というのが、六種類全てに共通した効能のようです。
ネオブルトーゼに関しては、他のブルトーゼとは少し毛色が違っていて、
女性を主なターゲットにしているような印象でした。
健康な赤ちゃんが産めるよ!貧血が治るよ!的な感じです。(基本的には万能ですが)
ちなみに「BLUTOSE」はドイツ語の「BLUT(血)」、英語の「DOSE(薬)」を
組み合わせた造語だそうです。まさに効能を表したネーミングになっていますね〜
現代医学に照らし合わせて、どの程度、理にかなった処方だったのか気になるところです。





パッと見では、全く日本製とは思えないラベルです!
「NAKATA'S」とあるのが気になります。直訳すると「中田さんのブルトーゼ」?
広告をみても詳しいことが書いておらず(画質が悪くて読めない部分もあり)
普通に考えて、ブルトーゼを開発したのはこの「中田さん」と解釈して良さそうですが、
真相はいかに?





背面のラベルです。
商品の説明が載っていますが、読んでも大体しか分かりません……
どなたか分かりやすく解説していただけないでしょうか(汗)
「鐵蛋白酸ナトリウム水溶液」がブルトーゼの主成分のようです。
単純に、鉄分と蛋白とナトリウムが溶けている液体ということでしょうか?



蓋はサビサビなので、ちょっと触るだけでもボロボロと崩れます。
首に貼られているシールにはトレードマークが印刷されていたと思われますが、
ちょうど真ん中が剥がれてしまっていて雲海しか確認できません。



側面には「BULTOSE」のエンボスです。



底には「250」のエンボスです。容量のことだと思います。
ブルトーゼは250g入りの他に500g入りもあったようです。



これまた派手なカラーリングですね!ビンの入っていた箱です。
箱の正面の下部には、「大阪 東京 京城」と記載してあります。
京城は戦前まで日本の統治下にあった朝鮮の首都ですので、
戦前の物であることはほぼ間違いないと思います。


ここからは、ブルトーゼに関するちょっと面白い話(orどうでも良い話)です。

最近、川端康成著の短編集「掌の小説」を読んでいるのですが、
文中にブルトーゼが出てきてビックリしました!
「帽子事件」という短編の中に出てくるんです。
上野公園に飾られた広告燈(看板ちょうちん)のうちの一つにブルトーゼがある、
という描写で登場します。仁丹やライオン歯磨も一緒に出てきます。

他にも、小説の中にブルトーゼが登場していないかな〜と調べてみると、
宮本百合子著の「一太と母」にも出てくるんです。
新聞の広告を見た少年が母親に「ブルトーゼってなに?」と尋ねるシーンがあります。
母親は「広告だよ」と答えますが、少年が欲しかった答えとは少し違うような…(笑)

小説にまで出てくるとは、宣伝に力を入れていただけありますね〜

それから、第二次大戦中には、こんなお話があるそうです。
日本軍が米軍の拠点を占領した時、そこには米軍の乗り捨てたブルドーザーがありました。
当時の日本ではブルドーザーが一般に知られていなかったために、米軍捕虜から
ブルドーザーという名前を聞いた日本兵は薬のブルトーゼと勘違いしたとか。
いや、確かに似てるけどね(笑)
ブルドーザーは戦前日本でも研究されていましたが、ほとんど動く事がなかったそうです。
このブルドーザーは研究のため日本に送られ、1943年から本格的な製造が始まりました。
ブルトーゼを調べていて、ブルドーザーの歴史まで分かってしまうとは、意外です(笑)
この逸話は有名みたいで、「ブルドーザー ブルトーゼ」で検索すると沢山出てきます。

スポンサーサイト

川越まつりに行ってきました。 - 2015.10.18 Sun



川越市の川越まつりへ行ってきました。
起源を遡れば1648年という、歴史のあるお祭りです。
今回はちょっと趣向を変えて、初の?おでかけの記録です。

川越は自宅からのアクセスが良いので、割とよく行く街なのですが、
なんといっても街並みが良い!まさに大正浪漫なんです。
そんな街のお祭りですから、勿論雰囲気も抜群に良いです!
最初の写真の左に写っているのは、大正時代の建築物です。
川越のランドマーク的な存在ですね。
「時の鐘」のほうが知名度は高いと思いますが、実際に川越に来てみると、
この建物の存在感に圧倒されます。
現在は、りそな銀行が入っていて、バリバリの現役です。
右に写っているのは川越まつり名物の山車で、一番上には人形が乗っています。
この山車は台座の部分が中華料理屋のテーブルみたいにクルクルと回るようになっていて
(例えが悪いかな 笑)、回り始めると観客のテンションも上がります。



素敵!昼間も良いけど夜のライトアップも美しいです。



デジカメを忘れ、ボロボロのスマホで撮影しています。
画質が微妙ですいません……

ここまでは西洋風ですが、純和風の建築物も沢山あります。
写真を沢山撮ったと思ったのですが、あんまり良い写真がありませんでした。



コレとか。



コレとか。

うーんイマイチですね~
この方のブログでは非常に魅力的に撮影されていますので、
興味のある方は是非ご覧ください→とくとみぶろぐ



この通りは古い建築物がほとんど保存されている上に、
電線が地中に埋められているため電柱も無く、空が広く感じます。
ちょっとしたタイムスリップ気分です。

資生堂 薬用アクネローション - 2015.10.12 Mon



ちょいと珍しい?
資生堂のアクネローションです。

これはシルバーウィーク中の平和島骨董まつりで見つけたものです。
平和島は初めての参戦でした。
家からはちょっと遠いし、規模も微妙だったので、いまいち踏ん切りがつかず……
だけどシルバーウィークは時間があったので、ダメ元で行ってみようとなった訳なのです。
全体の三分の二ほど見てまわったところで「これはもしかして、まさかの収穫ゼロかも…」と、
ほとんど諦めかけていた私の目に飛び込んできたのは、化粧品の山でした!
正確には山にはなっていなかったけれども、化粧品欠乏症(笑)だった私にとっては
十分に山と言って良い量なのでした。
そして、そこで私は初めて「まとめ買い」というものを経験してしまいました〜!
店主の方とここまで真剣に値段交渉したのは初めてだったかも!
結局ほぼ相場通りの価格だったのでお買い得感はさほどありませんでしたが、
良いんです、素敵な化粧品にまとめて出会える機会はなかなか無いので!
さっきまでは全然期待していなかったのが、次の瞬間にはまとめ買いです。
いやいや恐ろしいですね(汗)
で、肝心のアクネローションは、このまとめ買いの後、他の店で見つけたものです。
卓上に疎らに置かれているビンの中で、これだけが何故か伏せて置かれていました。
私はまとめ買いをした後で心はホクホクだけど財布は寂しい状態だったので、
もう何も買うまいと思っていたのですが、この伏せられたビンを見た瞬間に私の
化粧品レーダーが空かさず反応。
手に取ってみると、なんとも綺麗なブルーのビン!
しかも見た事も無い資生堂!底には花椿のエンボスあり!そして安い!
という訳で、即買いでした……!



全長は約12.5cmほどです。
レトロで可愛いラベルデザインです。



横から見るとこんな感じ。



背面にはラベルがあります。



主成分はアクターマー(殺菌剤)とエチニールエストラジオール(女性ホルモン剤)、
90ccで○契価格180円、住所は東京都中央区銀座となっています。
姉妹品としてアクネクリームがあるようです。



店主のお話によれば新しいものは口にゴムがはめてあるそうですが、
これはちゃんとガラスだから古いものだそうです。
スクリューキャップの内側にはコルクのカバーがはめられています。



底には花椿のエンボス!なんだかんだ、これが一番嬉しいかも。

手持ちの資料を確認してみたところ、アクネローションの発売年は1937年と1957年でした。
二度、新製品として発売されているようです。
二度目の1957年はリニューアルだと思いますが、私の持っているものがリニューアル前なのか?
リニューアル後なのかというのは判別が難しそうです。
1951年の資料ではアクネローションの主成分がホモスルファミン(殺菌剤)であること、
○契価格が1953年の独占禁止法改正で認められた再販契約により設定された価格であること
(断言はできませんが…)等を考慮すると1957年以降の物の可能性が高いかもしれません。
古いモノには珍しく、ラベルにはフィルムコーティングがしてあってツヤツヤテカテカです!



良い色です。
ソワール・ド・パリに負けないブルーです。

エイボン 猫型ビン色々 - 2015.10.03 Sat



とことこコロンさんのところでエイボンの話になり、自分は幾つ持っているんだろ?
と確認したくなりました。
で、確認ついでに記事を書いてしまおうということで、手抜きです(笑)

エイボンといえば、映画「シザーハンズ」で独りぼっちのエドワードを暖かく(強引に?)
家に迎え入れるおばちゃんを思い出す人も多いのではないかと思います。
エイボンレディって皆あんな感じなのか!?
んな訳ないでしょうが、化粧のシーンは強烈に印象に残っています。
ああいう描写を許すエイボンの懐の深さに脱帽です(笑)

話が逸れましたが、ここで少しエイボンの歴史を。
エイボンの前身であるカリフォルニア・パフューム・カンパニーは1886年に、
アメリカで創業しました。創業者であるデビット・マコーネルは、
本の販売を生業としていましたが、香水をオマケで付けるサービスを始めたところ、
その香水が評判を呼んだため、香水をメインにした化粧品会社を立ち上げたのです。
本から香水へ……なかなか面白い組み合わせですね!
で、いつ頃からエイボンレディが活躍し始めたのかと思ったら、システムとして
確立してはいないものの、前身といえる存在は創業当時からいらっしゃったようです。
当時50歳だったミセス・オールビーさんが訪問販売員としては第一号でして、
「カリフォルニア・パフューム・カンパニーの母」と呼ばれているとか。
順調に売り上げを伸ばしたエイボンは、やがてアメリカ全土に販路を広げました。
1939年、既にアメリカのみならず、世界規模の企業へとステップアップを始めていた
カリフォルニア・パフューム・カンパニーは、カリフォルニアという地名の入る社名を廃し、
「エイボン」へ社名変更します。
この「エイボン」は、シェークスピアの生家近くにある「エイボン川」にちなんだそうです。
マコーネルさん、どんだけシェークスピア好きなんだよ!
アメリカの会社なのにイギリスの川の名前かよ!
と突っ込みたくなる気持ちもありますが、この名前のおかげか?
エイボンもシェークスピアと同じように全世界で認知される存在となりました。

エイボンは1970年代の一時期、色々な形のビンに商品を詰めて販売していました。
その種類は実に豊富で、動物や果物は勿論、芋虫やベンチや機関車、信号機や魚を釣る人、
とにかく何でもビンにしているんです。そのレパートリーには驚かされます。
社長は面白い形のビンを作り続けなければ死んでしまう病気にでも罹っていたのか!?
後にも先にも、こんな化粧品会社は他に無いと思います。
当然コレクターは多く、何でも集める人からターゲットを絞って集める人まで様々です。
で、私の場合ですが、猫、鳥、花、雑貨にターゲットを絞って集めています。

その中で、今回は猫型のビンを紹介します。
結構集めましたが、これでもまだ全体の三分のニ?二分の一?ぐらいでしょうか。
正式な総数が分からないので何とも言えません。
有名なエイボンコレクターであるバド・ヘイスティンさんの書籍では、
13種類の猫型の香水ビンが紹介されているとか、いないとか。



ふっさふさな猫ちゃんの香水ビン。白と黒の色違いがあります。
エイボンの猫型香水ビンの中では、一番、流通量が多いのではないでしょうか。
本体はガラスで、蓋である顔はプラ製です。



ツヤッツヤな猫ちゃんの香水ビン。白と黒の色違い、ポーズ違いです。
白猫に関しては、青い首輪をしているバージョンもあるみたい?
体のフォルムがとっても綺麗!黒猫ちゃんの箱座りポーズがお気に入りです。
本体はガラスで、蓋である顔はプラ製です。





金魚を獲ろうとしている猫の香水ビン。金魚鉢に香水が入っています。
これに限っては中身の香水が入っていたほうが雰囲気が出るので、中身入りを探しました!
プラ製の猫ちゃんが丸ごと蓋になっています。



毛糸玉に戯れる猫の香水ビン。毛糸玉の部分に香水が入っています。
毛糸玉と猫は黄金のコンビネーションですね〜
プラ製の猫ちゃんが丸ごと蓋になっています。



私が持っているエイボンの猫型ビンの中で、唯一のクリームビン。
籠に入って(はまって?)ご満悦の猫ちゃんです!
猫ちゃんはプラ製の蓋になっています。



これは何度見てもクスッとなる、ハイテンションな猫ちゃんの香水ビン。
ドレスアップして、扇を開いて、踊っているのかな?
リアルな造形の猫型ビンが多い中で、これはかなりデフォルメされてます。
憎めない表情です!結構お気に入りです。



シャム猫型の香水ビン。全長は約15cmと大きめです。
これもプラ製の頭部が蓋になっていて、青い瞳がキラキラしています!
ブルーアイズと呼ばれるシリーズの一つのようです。



クッションに座る猫の香水ビン。クッション部分に香水が入っています。
シッティング・プリティと呼ばれている物のようです。
プラ製の猫ちゃんが丸ごと蓋になっています。口に手をやっているポーズが印象的です。
実家の愛猫も時々手を口にやってナメナメ…そしてモグモグしています!
何しているのかな〜と観察してみると、どうやら爪の皮を剥がしているみたい?
(猫の爪は脱皮をしながら鋭くなっていくんですよね、確か…)
あ、ちなみにこのブログのプロフィール画像は、その愛猫の御尊顔を拝借したものです(笑)



これは大きい!香水ビンでもクリームビンでもなく、デキャンタのようです。
全長は約19cmです。頭部までガラスで出来ています。
全体的にノッペリした作りです。







これは香水ビンです。デキャンタほどでは無いけれどデカイ。
ロッキングチェアのほうが主役と言えますが、蓋が猫なので私の中では猫カテゴリーです。
ロッキングチェアですから、揺らせばちゃんと揺れるんです。そういうところに萌えてしまいます。
揺れるなんて、液体の入っている容器としてどうなの!?とも思いますが(笑)
元々実用性を全く無視したシリーズですから、指摘するだけ野暮ですね。
それはそうと、猫はソファの背の部分が好きだよね〜
安定感のないロッキングチェアの背は猫に好まれないと思うのだけど、どうなんだろ?

肝心の数ですが、香水ビンは11個、クリームビンは1個、デキャンタは1個持っていました。
そのうち、香水ビンに関しては持っていないけれど存在を確認できているのが6個(色違い含む)、
クリームビンは1個、デキャンタは……これの他にあるのかなあ?見た事ありません。
これからもエイボンの収集は続けるつもりです。
猫のビン、全部揃えられると良いな!


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

黒猫チャック

Author:黒猫チャック
香水瓶収集からはじまり、日本の化粧品デザインに辿り着きました。特にビンが大好き!ラベルが残ってたら最高です。
インスタグラム始めました。
ID:KURONEKO0118

アナログ時計(黒)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
化粧水ビン (17)
香水ビン (29)
白粉ビン (11)
本 (2)
クリームビン (7)
白粉紙箱 (2)
生理用品 (1)
その他 (12)
香油ビン (1)
インクビン (1)
薬ビン (5)
白髪染めビン (1)
缶 (2)
ポマードビン (1)
玩具 (1)
乳液ビン (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。