topimage

2015-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーム化粧料本舗 レーム水白粉 - 2015.05.24 Sun



レートじゃないよ!レームだよ!
箱も瓶もとっても華やかです。
レーム水白粉です。

これ、オークションでよく見掛けますね。
そのほとんどが状態の良いものなので、どこかで大量のデッドストックが
発見されたのかな〜と思ったり。
私もこれはオークションで手に入れました。



このパッケージのメインのモチーフは百合ですね!
使えば美しくなれそうな、ロマンチックなデザインです。
「おしろい」が変体仮名で「おし路以」となっているところに時代を感じます。



箱正面と側面です。
「レーム白粉は全くの純無鉛にして普通白粉の如く單純なる製法とは
 事違ひ實に多数の藥物を配合し以て有鉛白粉より以上の効驗あるが故……」
と、戦前の日本らしい自信に満ちた説明文がひたすら続きます。
「實に多数の藥物」の詳細を、是非教えて頂きたい(笑)

箱も瓶も状態が良いです。
瓶に関しては未開封のようで、コルク栓はセロハンで包まれたまま、
中には沈殿した白粉の成分と分離した水分とが残っています。
振って混ぜたら今でも使えるのでは!?なんて思ったりしますが、
それはやめておきましょう(笑)

ところで、このレーム化粧料、水白粉だけでなく化粧水や煉白粉が発見されています。
(それらも手元にあるので、後日紹介します)
そのどれもが状態が良く、製造販売元や所在地まで分かっているのに、
それ以外の詳細は全く分かりません。
パッケージの華やかさから見ても、二次大戦で物資不足になる前の
平和な日本で作られたのだろうと思います。
箱の側面にははっきりと「神戸市筒井町」の文字。
調べてみると、神戸市の筒井町が成立したのは1906年のことだそうですから、
レーム化粧料が世に出たのはそれ以降のことでしょう。
平尾賛平商店のレート化粧料を真似たのでは?と邪推すると、レートが有名になるのは
1918年以降になりますから、それ以降のものと考えることもできます。



そういえば、箱の中には説明書もありました。
何が書いてあるんですかね〜ワクワク。



コレは……!!
驚きのあまり画像に加工を施してしまいました(笑)まさかの商品名の由来です。
「レーム」とは「霊夢(れいむ)」だったのです!
「レーム化粧料は霊夢によりて或種の配合資料を得……」って、
アーティストがよく言う「曲は作るんじゃないんです。天から降りてくるんです」
みたいなことでしょうか!?天啓みたいな!?
これまで色々な商品説明を読んでいるけれども、こんなオカルチックな
アプローチから始まるものは初めて読みました。
もう何も言う事はありません。黙って買いましょう。

それから、「藥学士 山下豊三 先生」の記述について。
どこかでこの名前見たな…と思って過去記事をあさってみたら、ありました!
オゾンパイプの記事です。
こちらは「石田豊三」さんでした。
薬学関係者には「豊三」が多かったのでしょうか(笑)?

レーム化粧料、おそるべし。

スポンサーサイト

中山太陽堂 クラブホルモンクリーム - 2015.05.15 Fri



ポッテリ可愛い!
皆さんお馴染み、中山太陽堂のクラブホルモンクリームです。

見てお分かりだと思いますが、これは結構新しい物です。
60年代~70年代くらいの物でしょうか。
発売から80年間、ほぼ同じデザインのパッケージで売られている、
オドロキの商品です!





ポッテリという言葉が本当にお似合いな形です!



この蓋も個性的ですよね〜
エンボスはバラを象っています。

企業ホームページの沿革を見ると、「クラブホルモンクリーム」の記述はありません。
1935年に「ホルモン配合の美身クリーム発売」との記述があり、
これがクラブホルモンクリームの事だと思われます。
発売当時はホルモンクリームという名称ではなかったのでしょうか。
ちょっとした疑問です。



中に入っている説明書には、こんなナイスなお姉さんが描かれています。
ファッションも、化粧の仕方も、イラストのタッチにも、時代を感じますね~
モデルの女優さんでもいるのかな?どこかで見たことある顔です。
それが分かれば、もっとハッキリした年代が分かりそうなんですけどね!



ちなみに、これはあまり知られていないことかもしれませんが、
この特徴的なパッケージにそっくりな物がイギリスにも存在しています。
左はイギリスの老舗化粧品会社、ヤードレーの化粧品のパッケージです。
(「輝きはじめた女たちー20世紀の化粧と旅ー」ポーラ文化研究所著より引用)
うーん、そっくりですね!
ただ、1カ所だけ大きな違いがあります。
ヤードレーは蓋のエンボスがバラではなく、英国王室御用達を示す蜂なんです。
この資料だとちょっと分かりにくいですが、結構リアルな蜂なんですよね〜(汗)
バラのほうがロマンチックで可愛いと思います。

さて、今晩はタモリ倶楽部にびん博士が出るぞ!
起きているのは辛いので、しっかり録画予約して寝よう!


追記:ビン底の写真を追加します!



500円玉サイズくらいの円形の凹みがあって、その円の内側の端部分に、
「2」のエンボス、円の中心部分には「V」っぽいエンボスがあります。
中心部分に関しては、思いっきりラベルが被ってしまっているので、凹みで推測しています(汗)

寄木細工とニッパーくん - 2015.05.03 Sun



ボトルシアターの記事の後ですが、敢えてボトル以外を取り上げます(汗)
リサイクルショップで見つけた寄木細工の秘密箱です!

先日、仕事終わりにリサイクルショップに立ち寄った際、見つけた物です。
昨年にオークションでひとめぼれした寄木細工を落札し損ねて以来、
ずっと、寄木細工との良い出会いがないかなあ〜と思っておりました!
細工の柄もとっても素敵だし、サイズも手の平ほどで可愛い!
そして何より、安かったので(←一番重要)即決です。

しかしながら寄木細工の秘密箱に関して、私はほとんど知識がございません。
開けるのが大変らしい、ということはなんとなく分かっていたので、
レジに行く前に少し試してみたのですが……開かない!全然開かない!
……こういうの、好きなんですけど苦手なんですよね(汗)
でも気に入ってしまったものは仕方ないので、大人しくレジへ向かいます。
すると、レジのお姉さんが「開け方分かりますか?」と聞いてきました。
これはもしかして教えてくれるのかも!?という期待が一気に膨らむ私!
「分からないんです」と正直に答えたところ、お姉さんはにっこり笑って
「頑張ってくださいね!」と、まさかの一言です。

結局当日は開けるのを諦め、翌日再チャレンジしました。
するとなんと、かなり簡単な秘密箱であったことが分かり、昨日の苦労は一体
何だったのか!?と自分のアホ加減にうんざり気味です(笑)
とりあえず、ここに開け方を記録しておこうと思います。



板の一部を右にスライドさせる。



板全体を下げる。



板の一部を更に右にスライドさせる。



板全体を更に下げる。



板の一部を少し左へ戻す。(←これに気づくのに一晩かかる)



板全体を更に下げる。



ご開帳です!

いや〜、開いて良かった!
アクセサリー入れとかに良いかも?
秘密箱は箱の側面をスライドさせる回数や手順が物によって様々で、
回数は3回の物から1000回の物まであるそうです。
難易度の高い物だったら、私には開ける事など、とても無理だったでしょう。

ちなみに、一緒に写っているニッパーくんも、私のお気に入りです。
サイズは大体ライターくらいでしょうか。
このしょんぼりとした表情が何ともいえない哀愁と愛らしさを感じさせます。
実在のニッパーくん、犬同士の喧嘩では負け知らずな逞しいワンちゃんだったらしく、
来客の足をいつも噛もうとすることからニッパー(噛む)と名付けられたそう。



可愛い〜

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

黒猫チャック

Author:黒猫チャック
香水瓶収集からはじまり、日本の化粧品デザインに辿り着きました。特にビンが大好き!ラベルが残ってたら最高です。
インスタグラム始めました。
ID:KURONEKO0118

アナログ時計(黒)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
化粧水ビン (17)
香水ビン (29)
白粉ビン (11)
本 (2)
クリームビン (7)
白粉紙箱 (2)
生理用品 (1)
その他 (13)
香油ビン (1)
インクビン (1)
薬ビン (5)
白髪染めビン (1)
缶 (2)
ポマードビン (1)
玩具 (1)
乳液ビン (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。