topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山発産業株式会社 るり羽 - 2015.02.28 Sat



このブログ初めての白髪染めのビンです!
パッケージが華やか〜
山発産業株式会社のるり羽です。



ポリエチレン瓶とは!?
未開封だったものを勇気を出して開封しました。



中身を出してみると、こんな感じ。
右下の物は折りたたみ式の紙コップ、その上にあるのは薬剤が梱包された袋です。
二種類の粉末状の薬剤と過酸化水素水を器にあけ、更に紙コップで二杯の水を加え、
よく練って出来た薬剤を髪に塗布することで髪を染められるみたいです。



これです!ポリエチレン瓶!
要するにポリエチレン製の容器ですね?ポリエチレン製の容器を「瓶」と呼ぶのは
ちょっと違和感がありますが、当時は普通だったのでしょうか?
過酸化水素水がちゃんと残っていますね。

本当に状態が良くて、まるで新品のようです!
箱の側面には中国語と韓国語の記述があるので戦前か戦中の物かな?と思っていたのですが、
中の説明書にはパオンの広告があったので、1956年以降の物だと思います。
パオンとは、山発産業株式会社が1956年に発売した、業界初の一剤式粉末白髪染め。
パオンが登場するまでは、二剤だったり三剤だったり、混ぜて使うものしかなかったんですね。
山発産業株式会社は、1888年に創業の老舗です。(会社HPでは1894年となっています)
創業当時はメリヤスの製造会社でしたが、1911年に白髪染め「るり羽」を発売しました。
メリヤスから白髪染めへ……何の接点もない業界だと思うのですが、一体何があったんでしょう!
「るり羽」はロングセラー商品となり、山発産業株式会社はヘアカラーメーカーとして戦後も
パオンなどヒット商品を生み出しています。
しかし2000年、ドイツのヘンケルグループが経営難に陥っていた山発産業を買収。
紆余曲折あって、現在はシュワルツコフヘンケル株式会社となっています。(噛みそう…)



で、これはもっと古いるり羽のビンです。
本当は別々に記事にしようかと思ったのですが、ポリエチレン製容器は少し味気ないので
一緒に紹介しちゃいますね〜(笑)
珍しい物では無いでしょうが、どちらかというと無色のビンのほうが見かける事が多いかも?
るり羽という名前ですから、なんとなくこの色が欲しかったんですよね〜
良い色です!



この口の二ヵ所の凹みは欠けだと思っていたのですが、実際はコルク栓を抑えている針金を
引っ掛けるための凹みだったようです。



やっぱりガラスは良いなあ〜

スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

黒猫チャック

Author:黒猫チャック
香水瓶収集からはじまり、日本の化粧品デザインに辿り着きました。特にビンが大好き!ラベルが残ってたら最高です。
インスタグラム始めました。
ID:KURONEKO0118

アナログ時計(黒)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
化粧水ビン (17)
香水ビン (29)
白粉ビン (11)
本 (2)
クリームビン (7)
白粉紙箱 (2)
生理用品 (1)
その他 (13)
香油ビン (1)
インクビン (1)
薬ビン (5)
白髪染めビン (1)
缶 (2)
ポマードビン (1)
玩具 (1)
乳液ビン (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。